2つの乳酸菌の種類

大きく2種類の乳酸菌にわけられます。
1つは『動物性乳酸菌』もう1つは『植物性乳酸菌』です
動物性乳酸菌の特徴としては、乳糖をエサとして生きているのでヨーグルトや乳酸菌ドリンクなどの中でしか生きられません。逆に野菜の中では死滅してしまいます。
また、他の細菌と共存することができないのも特徴です。
胃酸にもやられやすいので腸までに届くのに時間がかかってしまいます。
動物性乳酸菌が豊富な食品→ヨーグルト チーズ 乳酸菌ドリンク
(カロリーが高いので摂取量に注意が必要です)
植物性乳酸菌の特徴としては、動物性乳酸菌が乳糖のみをエサにしているのと比べ植物性の場合はブドウ糖、果糖、ショ糖など多くの糖類と生きています。
また、他の細菌と共存することができるのも特徴です。
植物性乳酸菌が豊富に含まれている食品→ぬか漬け、キムチ、甘酒など
(塩分が高めなので摂取量に注意が必要です)
二つを比べると動物性乳酸菌は植物性乳酸菌よりも弱い菌なのです。